FC2ブログ

中西うどん 高松市 謎肉入れ放題に謎肉県民も行列

中西うどん 高松市
香川県産カップヌードル謎肉
無料トッピング入れ放題イベント!
2018年9月
(ちょっと古いネタではありますが‥)

2018年。
衝撃のニュースが飛び込んできた

日清カップヌードルのあの「謎肉」が
実は香川県産だったというのだ!



ご存知ない方もいるかもしれない。
「謎肉」とは、日清カップヌードルに入っている小さなダイス状の「肉」のことであります。

成分がお肉なのか何なのか、その性状がよくわからないことから「謎肉」と呼ばれてきたのであります。しかし、この何とも言えない「肉 のようなもの」の密かな人気は根強く。。。

日清が「謎肉を、もっとちゃんとお肉っぽくしよう!」と改良して「コロチャー」と呼ばれるものに変更した途端、謎肉ファンたちが「俺たちが求めてるのはこんなものじゃないんだ!元の謎肉に戻してくれえぇぇぇ」と阿鼻叫喚の騒ぎになったのであります。

そして現在、謎肉は無事復活し、そしてさらにこんなふうに謎肉祭り化したりする事態になっておるのです



その謎肉が、実は香川県で生産されていることが発表され、「うどん県知事」要潤さんが「謎肉県」を宣言したり、謎肉で妄想暴走した画像をアップしたりで、すごいことに。

そしてなんとついに
高松のあの名店 中西うどんにて
謎肉無料トッピング祭りが開催されてしまう事態へと繋がったのであります。

どうかしてるぜ日清!
どうかしてるぜ香川県!
どうかしてるぜ中西うどん!(笑)





謎肉カーニバルに参加すべく
中西の前まで来てみると。。。

駐車場からクルマがあふれとる!
そして中西の前に長蛇の列が!

県外客なのか?と思って駐車場を見ると、ほぼ全て香川ナンバー。行列に並んでまではうどんを食べない香川県民を、ここまで並ばせるとは。。、

謎肉、恐るべし!





客さばき、うどん提供スピード、スタッフさんの動き、さすがの中西さん。行列の進むスピードは比較的早いのでストレスはありません。セルフコーナーに置かれた謎肉がどんどん減っていきますが、絶妙なタイミングでスタッフさんにより補給されております。

ここ中西は麺の温め、ダシ注ぎ、薬味トッピング全てお客さんがやるスタイルですが、さすが地元のプロの客たちなので、セルフコーナーも全く渋滞することなく流れております。エクセレント!
(↓この写真撮った時はさすがに茹でるのが間に合わずに、茹で上がり待ちでした)



さあ!いよいよ謎肉トッピングです

見よ!この山盛りの謎肉を!
こんな夢のような光景をこの目にすることが出来るとは!生きてて良かった!



思えば。。。この謎肉。
50代のおっさんのこのワシには
いろいろと思い入れがあるのです。

それは。。。
遠くは大阪万博が終わったあと
カップヌードルが発売されたあの頃の
「新しい時代のポップな未来の食べ物」
としての思い出のイメージ

そして、アポロ宇宙船の月旅行や月面着陸に目を輝かせ、ロケットでの「宇宙食」に未来へのロマンを感じた少年の夢。

カップヌードルは発売当時、プラスチックフォークが添付されて、フォークで食べるカジュアルでポップな商品イメージが押し出されてました。お湯を入れたカップの中に具材も全て入ったラーメンが出来上がるという驚き。

玉子。。。のようなもの
肉。。。。のようなもの
えび。。。のようなもの

ミニチュアのような玉子、肉、えび
これはもう、何か「新しい食べ物」の出現だったのです。

そして「新しい食べ物」の進化は、宇宙でも。

チューブに入ったゲル状のものを吸って食べた宇宙食の初期から、乾燥した食材に宇宙船の中で水を加えて加熱してスプーンで食べる宇宙食に進化したことに繋がるような

「食」の科学の進化と未来

それをカップヌードルには感じたものでした。

宇宙への植民時代になれば、飼料を含めて考えるとその生産過程に莫大な水を必要とする畜肉生産は非現実的です。そこで、宇宙コロニーでは植物性タンパク質を原料とする加工肉を人間は食べることになるかもしれません。

そんな、宇宙船、宇宙食、宇宙ステーションや宇宙コロニーでの食事

そんなものにどこか通じるイメージの「謎肉」

こんなに夢とロマンに満ちた食べ物が他にあるでしょうか?!

あ、いかん。
個人的な思い入れと妄想でかなり脱線してしまいました。

まさか、謎肉から宇宙の話になるとは思わなかったでしょう?

いつものクセで脱線してダラダラと長い文章を書き散らすブログになっております。申し訳ない。

あ、ちなみに「謎肉」は大豆タンパクだけじゃなくて、きちんと畜肉も使われております。



ポスターやPOPには
「入れすぎ注意」
「おすすめはスプーン1杯程度です」
と書いてありましたが。。。

前述のように、謎肉に思い入れが強すぎるワシは
ついつい。。。ドサッと。。。



謎肉マウンテン♪

濃い。謎肉は、やっぱり濃い。
入れすぎたがな、これ。
反省。

でも、夢とロマンと未来が詰まった謎肉を
思う存分、中西のうどんと一緒に食べられるなんて
なんて素敵な体験なのでしょう!

食べてみてわかったのは、謎肉はやはりカップヌードルのあのスープとマリアージュされてこそ、その旨さを発揮するものだな、と。

しかし、ネギと生姜のフレイバーを身にまとい、いりこ出汁に溶け込んだ時の謎肉の、可能性とその懐の深さを感じたのも確かです。

謎肉 with 中西うどん!

新築移転前の、まだ暗い早朝に湯気のけむりに霞んでいたオールドスタイルの中西うどんの姿をも脳裏に浮かび上がらせながら。。。

新時代の中西うどん
そして新時代の讃岐うどん
新時代の食のイノベーション

そんなことを感じた「謎肉祭」でございました。

【中西うどん 関連過去記事】
中西の思い出 さらば旧店舗
中西 こんなに綺麗になっちゃって

中西うどん
香川県高松市鹿角町899-3
087-885-1568
7:00~15:00(麺切れ終了)

鈴丸★小麦粉日記


うどん ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
うどん情報いろいろ



スポンサーサイト



テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

セルフうどんおかだ 丸亀市 おか泉 工場店セルフ新規オープン

セルフうどんおかだ
おか泉の新工場完成
工場併設セルフうどんオープン

丸亀市飯野町東二623-1

宇多津の超人気店、おか泉さんのお土産うどん製造工場が新築移転。そこになんとセルフ形式のうどん屋さんが今年2018年1月9日にオープンしました。

セルフのおか泉。
これだけで興味津々ですよね!

うかがったのは1月18日。木曜日のお昼時。
駐車場に頻繁にクルマが出入りしています。駐車場は店舗奥にさらに未舗装のエリアまでありますが、いっぱい。運良く1台空いたのでそこに停めました。地元でも話題になって、大繁盛のようです。




店舗部分のエントランスはシックで落ち着いた感じです。



メニュー。
(写りが悪くて見づらくてすみません)

小が1玉、並が1.5玉、大が2玉という設定です。

1玉は少し小さめかな?
並が標準とすれば、かけ並270円はセルフとしては少し高め?でもおか泉のうどんがかけ並270円と考えれば、安いのか??(笑)


うどんは全て出汁までかけた完成形で提供され、天ぷら等のオプションは自分で取る方式。

あっ!岡田社長自ら注文を聞き、うどんを仕上げていっておられます。



駐車場からお客さんが次々お店に入ってゆき、客席もお客さんでいっぱいなのに、カウンターにそんなに行列が出来ていません。

店内の客席は23席

見ていると。。。。
カウンターでは注文を聞いてすぐに次々とうどんが出されてゆく見事なオペレーション。

客席に目を移すと、さすが香川県の皆さん。うどん食べるのが早い!サッと着席してズババッと美味しそうに素早くうどんを食べ、サッと席を立つ。この、香川県のプロの「うどん喰い」の皆さんを見ると、いつも惚れ惚れします。

流れるオペレーションとプロのうどん喰いたちのコンビネーションで、お客さんが渋滞することなく流れていたのであります。

店舗を出た屋外にもテーブルが置かれていて、そこで食べることも可能です。



かけ並
とり天
とりめし

ワシ、とり肉好きやなぁ(笑)



宇多津おか泉のもっちりむっちりした麺とは違い、こちらセルフ店の麺はもう少しライトな食感で、プリプリ踊るようなコシで、のどにスルスルと入っていく感じです。マイルドバランスのこっくりしたかけ出汁とのコンビネーションも良くて、とても美味しいです。毎日食べても飽きない素直さで、日常使いのセルフ店のうどんとして、とてもレベル高し。恐るべしおか泉(笑)。



とりめし、ウマー。これ、好きやわ。



お店のウィンドウには
KITAHONAMI
RISHIRI
IBUKI
MAKURAZAKI
等の文字が。



ごちそうさまでした!

セルフうどん おかだ
香川県丸亀市飯野町東二623-1
0877-58-4422
10:30~14:00
土日祝日 定休


うどん ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

兵郷 閉店 坂出市 日常に寄り添った坂出製麺所遺痕(イコン) 彦江・上原・堂尾の思い出と共に

兵郷 閉店 坂出市

日常に寄り添った坂出製麺所遺痕(イコン)
彦江・上原・堂尾の思い出と共に

その場所がなくなるということ
それは物理的痕跡がなくなると同時に
そこでの人間の営み、生活、歴史、ひいては文化までもがその連続性を失うということでもある。

大阪の地から香川に来て、この特異なるうどん文化と、製麺所というまさに地域性の極致である生活習慣と文化に触れたのは、衝撃的でありました。

製麺卸を生業とする場所に、一般の人が入って行ってその場でうどんを食する。あまりにも文化的ギャップがありすぎて、異邦人の私は、当初そういう場所に入っていくことに畏れに似た緊張感を抱いたものです。

今のようにネットに情報が溢れている時期ではなかったので、その手順や作法も「行ってみなければわからない」という出たとこ勝負(笑)

それでも、目の前の釜からあがってくる瑞々しいうどんを、その場ですぐに食する美味しさに感動し、また他の製麺所にも、と足を運びました。

この兵郷さんもそのひとつ。
女性のみでやっておられたのも新鮮でしたし、まさに釜場のすぐ横で麺をもらうその臨場感にわくわくさせられました。街の中にありながらも、このお店の独特の佇まい。生活とうどんが密接な香川の風土を肌で感じることの出来る場所でした。





サイズ違いの丼
かけ、ひやかけ、つけ、メニューによって出汁の受け取りが違うシステム



このような親切な案内がなかった昔に、戸惑ってあたふたしたのも良い思い出です。









お店がなくなると、画像まで消えてしまうのでしょうか?この日の兵郷さんの他の画像がいくつか消えてしまっていて、これだけしか残っていませんでした。

県外者で、そんなに頻繁には食べに行けなかったけれど、兵郷さんのうどんと出汁の味は舌に刻まれています。これまで美味しいうどんを食べさせていただいて、ありがとうございました。ごちそうさまでした。


この坂出の土地には、個性的な製麺所がいくつもありました。個性的であり、記憶に深く残るお店たち。

昨年、閉められた堂尾さんです
おばあちゃん、元気にしてるかな?
過去記事リンク→2006年の堂尾
過去記事リンク→2014年の堂尾 ばあちゃん寝ずに考えた


上原製麺所さんです。
この機械がガチャガチャ動いてうどんが作られていくところにワクワクしました。
過去記事リンク→上原製麺所 2007年
過去記事リンク→上原製麺所 2013年 閉店


彦江製麺所さんです。
ここのうどんがほんとうに好きでした。
過去記事リンク→2007年の彦江


それぞれの製麺所の思い出を胸に。
ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

オハラうどん 善通寺市 香川大阪 師弟通信

オハラうどん 善通寺市



ぎっしりお相撲さんだらけで、うどん屋なのか国技館なのか なんだかもうよくわからないのが、オハラさんだ。








ワシの地元 堺市の「空」さんが、ここオハラうどんのお弟子さんだとわかってからは、食べに寄った時に空さんの話題で盛り上がるのが習慣になってました。



そこに、今回の「空 閉店」の衝撃です。


空 閉店 記事リンク



朝早いうちにオハラさんに飛び込んだら、他にお客さんがいなかったので



「く、く、空さん、閉めたんですねぇぇぇあうあうあう」


「そうや。まぁ、せっかく大阪から来てくれたから、茹でたて、食べていき」



オハラの大将、釜にうどん入れながら微笑む。




うどん入れた大将、携帯を手にして



「あー、あのなー、あんたとこ閉めて、怒ってる人が来てるぞー」



え?空の大将に電話してはる?



いや、あのー、ワシ、怒ってへんけど。。。



「はい


携帯をワシに手渡す大将


オハラさんのおかげで、空の大将とお話できました。



「閉めはったんですね、びっくりしましたー」



「あー、ごめんなー」



「お体は大丈夫なんですか?」



「それは大丈夫やー」



「よかったー」



「まぁ、またな、場所探してな、どっか」



時間はかかるかもしれませんが、またお店を開いてくださりそうです。期待して、待ってます!



安心したら、お腹ぺこぺこじゃー



ちょうどいいタイミングでうどんできました







今日の麺はプリプリぴんぴんで勢いがあってウマー!


お肉もパワフルだ。



ちなみに下のんは、5月に寄った時のかけうどん。この時のは、柔らかめでヌルヌルぷりん、優しいうどん。




お師匠さんとこも、振り幅あって、楽しいです。



食い逃げシステム、あり!



オハラうどん過去記事



オハラうどん


善通寺市善通寺町砂古裏919-2


0877-63-2981


10:00~15:00


木曜定休




テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

むか一閉店 高松市香川町

香川町の「むか一」さんが閉めた、という風の噂を聞いて確かめに行ってみたら。。。







閉めてました。残念です。移転とかではなく…廃業ですかねやはり…。

閉店の経緯は存じ上げませんが、好きなお店だっただけに、とても悲しいです。県外客の僕は、行けたとしても年に数回くらいだったので、偉そうなことは何も言えませんが。 

飾り気のない素朴な店構えで、特に変わったメニューを出すわけでもなく、ただただ実直にうどんに取り組んでおられた、そんな印象のお店でした。お店はいつもぴかぴかに掃除されていて、とても気持ちが良かったです。

香川県でも数少なくなった「麺は手打ち。客がテボで麺を温めるセルフ店」だっただけに、残念です。

シンプルに、かけうどんが美味しかったし、コロッケとのコラボも素敵でした。おあげさんも美味しかった。

またどこかで復活してくださることを期待します。ご馳走さまでした。ありがとうございました。

【むか一:過去記事】
むか一 隠れコロッケの里



にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ


テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。

ブログ内検索
四国探訪ガイド
FC2ブログランキング
応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
リンク
RSSフィード