スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅 高知市 我が道をゆく孤高の店の唯一無二の存在感

めん處 雅
高知市瀬戸東町3-465

お店なんてありそうにない高知市瀬戸の住宅街の中に、この雅はひっそりと佇んでいます。


職人気質の大将と、お話し好きのお父さん。
この親子でやっておられるうどん屋さん。

「他と同じようなことやってもつまらん」
そう言う大将は、どこも妥協したくない職人気質。

例えば、新しく使ってみようとする材料は、現地まで見に行かなくては気が済まなくて、車を飛ばしてはるか遠くまで遠征。うーん、うどんオタクだ。

うどんも常に研究していて、現在は全粒粉も含んだ数種類の粉を、自分で独自ブレンドしてうどんを作っています。

粉の存在感をずっしりとかんじる麺の、このなんとも言えない質感、食感は昔から変わらず。この独特の麺質は変わらないながらも、弾力や粘りや風味は、その時々の大将の好みや研究が反映されて変化する。

ここのうどんは、どこにも似ていなくて唯一無二。
「雅のうどん」としか形容できないこの存在感。





この日のオーダーは、いか天ざる。
いか天はアオリイカ。プチンッと切れて弾ける食感がたまらなくて、クセになりますよ~。


そんな職人気質の大将は、宣伝とか他店の動向とか、全く興味なし。SNSもぜんぜん。こんな硬派でひたすら我が道をゆく男、最近なかなか見かけません。

そしてその息子さんと対称的なのが、お父さん(笑)
話し出したらお喋りが止まらない。
ゆっくりうどん食べられへんがな(笑)
広告宣伝の心配もするし、息子さんのお嫁さんの心配もしてるし、そりゃあもう忙しい。
去年大ケガして大変だったけど、いつまでも元気で頑張ってほしいです。



つい最近、釜が新しくなりました。
釜も長年いろいろと研究されていて、メーカーさんに見学に行ったりしていたそうです。
今回はこれまでと同じガスの丸釜で、釜は以前より少し小さめに、筐体サイズはそのままで。熱効率と湧き方がこれまでよりかなり良くなったそうで、茹でた時の麺質にも変化が出たそうです。

綺麗に掃除と整理整頓が行き届いた厨房ですね!
この厨房で、これからも唯一無二の雅のうどんを生み出し続けてください!

過去記事リンク
雅 ステーキ?いや、土佐赤牛の肉うどんです 
雅 ロバが誘う迷路の先に熱い父子のうどん庵があった


うどん處 雅
高知市瀬戸東町3-465
088-842-6244
11:00~15:00
水曜定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

三里うどん本舗 高知市 夜の三里に中華そば復活

三里うどん本舗 高知市

屋外にオープンエアのうどん飲食スペースがあったりする「怪しいロケーションのうどん屋」、高知の三里うどん本舗ですが。。。なんと!そのオープンスペースが突然「クローズドスペース」になり、カウンターが設えられ、その目の前に「中華そば 塩 醤油」というメニューだけが貼り出された時には

ポカーン

となりました。ポカーンとしすぎて、その時に撮影した店舗画像がどこかに行って行方不明になったくらいです(笑) 昼間は従来の店舗でうどん。夜営業は中華そばのみカウンター席で提供。そんな体制に。しかし、カウンター席、冬は寒すぎて、結局夜の中華そばも従来の「うどんスペース」で提供する、ということに(^_^;) このユルさ、好きです。現在も、従来のうどんスペースで中華そばが提供されてます。(せっかく改装したのに…まぁ、ええか 笑)

夜。駐車場から坂道を少し登り、店の前に立ちます。暗闇に店の灯りが。三里うどん本舗、夜はこんな顔になっています。





今月は高知のうどん魔人 誠くんと行ってきました。



中華そば、醤油味


中華そば、塩味


ベースのスープは共通だそうですが、表情の違う2杯です。後に残らないサラリすっきりとした軽いスープなのに、舌にしっかり旨味の余韻が残ります。ラーメン中華そば関係は詳しくないのでよくわからないんですが、中華そばの出汁材料としてはワシはあまり聞いたことのないものを厳選して使ってるそうです。価値ある1杯なので、ぜひ食べに行ってみてください。(←誠くんのブログのマネ)(笑)



この中華そば、香川で「こうめ」をやっておられた時代に出していたものだそうです。

こうめのうどん復活に続いて、中華そばも復活ということですね!香川時代のファンも、高知に急げ!

中華そばの夜営業は、18:00~21:00まで。遠くから訪ねられる方は、事前に営業確認をされたほうがいいかもしれません。

おでんのこの味噌だれが、これまたウマい!






【過去記事】
三里うどん 真夏のオープンエアうどん

三里うどん 秘境的佇まいの奥に輝く限りなく透明なアレ

【三里うどん本舗】
高知市十津2-4-11
088-855-7003
7:00~14:00
18:00~21:00(中華そばのみ)
水曜+不定休



にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

田子作 高知県四万十市 田園系の超極太うどん

田子作 高知県四万十市間崎



土佐清水市のほうばいさんに向かう途中で見かけていたうどん屋さんです。昨年発売された本「高知麺事典」(高知の麺類店が200軒掲載されてます)にこのお店が紹介されていたので、今年はほうばいさんに行った帰りに寄ってみました。

お店に入ってカウンターに腰掛けると。。。目の前に素晴らしいパノラマが!





もう、ずっと眺めていたいくらいの田園風景です。心がすーっと癒され、浄化されてゆくのがわかります。



お店の建物、調度、そしてこの風景を切り取っている窓が、なにより素晴らしい。

メニューはいろいろあって悩んだけど、高知らしいメニューの「あおさうどん」にしました。



目の前に来たうどん。あおさがた~っぷり入ってます!香ばしい良い香りがたまりません。

隠れてる麺を引き出してみると…出たーーー! ふ、ふ、太いぃぃー!



ここまで太いうどん、なかなかお目にかかれません。



食べてみると、意外にもっちり感はなくてお団子っぽい食感です。15時という中途半端な時間帯の訪問だったので、茹でてからちょっと時間経過した麺だったのかもしれません。こんな太麺、注文を受けてから茹でてたらめちゃくちゃ時間かかるやろうしね(^_^;) コンディションが良ければもちもちしたタイプの麺だと思いますこれは。 

どっさり入れてくれてるあおさ。最初「入れすぎちゃうん?(笑)」と思ったけど、どっしりした太麺だからこそ、このたっぷりのあおさとのバランスが良かったです。出汁も残さずにいただきました!

高知、四万十と土佐清水を繋ぐこのルート。ほっこりした風景の中にちょこんと佇むこのお店。素敵でした。

田子作
高知県四万十市間崎1175-1
0888-36-2829
9:00~19:00(4月~9月)
9:00~18:00(10月~3月)
第1,3,5火曜日定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ

テーマ : 中国・四国
ジャンル : 旅行

ほうばい 高知県土佐清水市 海のうどん屋、再び

ほうばい 高知県土佐清水市




太平洋の海原を臨む 雄大な海のうどん屋
山からの薪による釜の火。自家農園の土から生まれる作物。







海 空 潮風 火 土

高知 土佐清水の風土から産み出される唯一無二のおうどん。

昨年6月の衝撃の出会いから1年。
年に1度の四万十市での仕事の際の再訪を楽しみに、この1年を生きてきました(≧∀≦)

[昨年の訪問記]
流木アートの謎の砦に讃岐もたまげる超絶うどん
 
今年も四万十市での仕事を終えてから、土佐清水市のほうばいに向かいます。四万十市市街地から約20㎞。







到着したら…ありゃ
幟が上がってない。
もしや…臨時休業?いや、まさか…廃業?この日を楽しみに生きてきたのに…。背中を冷たい汗が流れ落ちる。

クルマを停め、この怪しい「うどん砦」の中を覗くと。。。おぉ!大将!

「すいませんッ、今日は開けるのが遅いんです」

午前中、授業参観があったらしくて、今日は遅れての開店だったらしい。いやいや、よかった!開けてくだされば、もうなんぼでも待ちます!助かったー!うどんと天ぷらの出来上がりまでかなり時間はかかったけれど、この素敵な空間の「ほうばい」さんでは、待つ時間さえも心が癒される「贅沢な時間」として、心安らかにゆったり流れていきました。他のお客さんも、窓と入り口から吹き込む潮風を浴びながら、それぞれの時間をくつろいで過ごしていました。


















そらまめの天ぷらをお願いすると「畑で取ってきますんで!ネギも取ってきます!」と大将。いやぁ、いいですねーこの感じ。土から穫れたばかりの食材。

去年はぶっかけを食べたので、今年はぬくいのんと、ざるで。





きつねうどんに「井乃屋の」というのが書き足されている。地元のお豆腐屋さんだそうです。しゃきっとした皮の歯ごたえと、ふわっとして大豆の風味がしっかりした中身。このお揚げさん、美味しい♪





そして、噛まなくてものどの奥にトゥルントゥルンと勝手に飛び込んでゆく麺。

柔らかくもぷりぷりのコシがある麺は、健在。かけで食べると、そのなめらかなのど越しがさらによくわかります。のどが喜ぶうどん、のどが気持ちいいうどん、です。出汁も鰹系のこっくりした旨味が濃厚で美味しいです。





ざるうどん。去年の麺より少し麺肌が荒れてますね。こちらはキュンと締まって、かけよりも弾力が出てピチピチしてます。濃いけど辛くないつけ出汁もいい感じ。

穫れたてのそらまめの天ぷら。ほくほくで甘くて香り高くて、ほんとに美味しかった。土からの滋養が体に染み渡る~♪



とても贅沢な時間を過ごせました。
やっぱりほうばいさん、ええなぁ。
粉の配合比率は、去年とはまた変えたそうです。進化、変化を続けるほうばいさん。来年、また食べに来るのがとても楽しみです。

今年、僕が訪問する前日まで、なんと3日間臨時休業だったそうです。危なかった~(@_@;) 来年も臨時休業にぶち当たりませんように!

ほうばい(朋輩)
高知県土佐清水市久百々122
平日 11:30~16:00
土日祝 11:00~麺切れまで
月曜定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ


テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

坂本屋土佐山饂飩 高知市 高知うどん新店!

坂本屋 土佐山饂飩 高知市 新店

高知のうどん魔人 誠くんから新店情報がもたらされたので、さっそく行ってみた。2月にオープンされたようです。このあたり、なにやらうどん屋の激戦区になっている模様。

「坂本屋 土佐山饂飩」



男らしい筆文字がカッコいい。
無頼派のもののふが刀でシャキーンと麺を切っているイメージが浮かんだ。麺棒さばきも鋭いものがありそうだ。

店名の由来は謎です。後日 誠くんに解明してもらいましょう。

お店に入ると…男性スタッフが3人!おぉ、やはり男くさい(笑)。もののふっぽい人がご主人だろうか。

メニューも男くさい。

【小350gも大500gも値段同じ!】
【かけ ざる 醤油 ぶっかけ 釜上げ オール380円!】

どうですこの男らしさ。
でもこのメニューの文字は可愛らしいですね(笑)



かけうどん大と、天ぷら盛り合わせを注文。



太めでもっちりした、重さのあるしっかりした麺。粘りのあるモチ感が美味しいです。いい感じ!
出汁は鰹が香るクリアなタイプ。あと味がすっきりしてる自然派の美味しい出汁でした。いいね~。



かけうどんでも、デフォルトでいろいろ乗ってました。個人的には鰹節はあんまり乗せてほしくないなぁ。揚げ煎餅はちょっと楽しかったです!これ好き。



天ぷら盛り合わせはこれだけ盛り沢山で、カラリと香ばしく揚がっててとっても美味しかった!300円で、バリューありますこれは。

こんどは冷たいうどんを食べに行こーっと。

坂本屋 土佐山饂飩
高知市堺町7-21
11:00~(麺切れ終了)14時か15時くらいかな?

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載


うどん ブログランキングへ

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。

ブログ内検索
四国探訪ガイド
FC2ブログランキング
応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。