FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん職人 さぬき麺之介 高松市 うどんソムリエ養成講座

うどん職人 さぬき麺之介 高松市
2014年3月10日オープン

「うどんが好きすぎる人が、うどん好きをこじらせて、うどん屋さんになってしまいました」

こんな人、うどん屋さんの大将にはいっぱいいます。

しかし。ここ「さぬき麺之介」の店主さんほど、うどん愛が強すぎる「うどんマニア」「うどんヲタ」な魂を、店舗作りとメニュー展開にそのままストレートにぶつけまくって来た人、見たことありません。



カウンターに4席。
テーブルに4席。
店主ひとりで切り盛り。



夜営業では、小麦粉を何種類も用意して製麺を行い、客は好きな粉を指定して食べることが出来る。うどんは切り立て茹でたて。価格も安い。

営業時間は11時~14時と、17時~翌1時。
日曜日だけ休み。

なんという店!
ひとりでこんなことやって、倒れないのか心配になるほどです。

店主とお話すると、なるほど、うどんが好きすぎる情熱がビシバシ伝わってきます。うどんが好きすぎて多少のアクの強さも感じさせますが(笑)、こういう、突き抜けた感じの人がやるお店は、面白い。

初訪問はお昼に行ったので、夜営業とは違ってシステムは半セルフ(お水や薬味は自分でやる)、麺はお店のお任せのものです。
これがお昼営業のメニューです


この日は「さぬきの夢2009」の多加水 細麺でした。



モチ肌麺は、ヌルッムチッとした色っぽい食感で、舌や口蓋やノドの形状に沿ってするりと滑り込みながら、鼻の奥に小麦の香りを残していきます。うまい。



出汁は、いりこ昆布で上品に取ったクリア系。甘くなく、しょっぱさも控えたあっさりタイプ。主張はないけど、しっかり麺を引き立てる感じでこれも美味しかったです。

このかけを小200円 大250円でやるんですから。
なんというお得感。

ワシは粉の種類とかよくわかってないんですが、夜営業で違う粉を食べ比べて違いを確かめるとか、なかなか面白そうです。出汁もパターンの違うのを用意されたりするそうです。こういう体験が出来るお店、まぁ、ない。
(注:夜営業で粉の銘柄を指定する場合は、別途100円必要です。「指名料」ですなw)

これが夜営業メニューです(クリックで拡大)


いやー、マニアックだ。

心配なのは、店主さんの体力と、店の利益率…?(^_^;)

うどん職人 さぬき麺之介
高松市瓦町1-7-3
11:00~14:00
17:00~翌1:00
日曜定休
2014年3月10日オープン

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載


うどん ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見させていただいております(*´∀`)♪

自分で粉から選べるなんて、すごいですよね~
食べ比べとかしてみたい(・∀・)ノ

す・・・すごすぎる(苦笑)
ほんと、体力と利益率が心配にやりますね。肉トッピング100円て安すぎないかな(汗)


しかし、夜は+100円てことは、かけが300円、肉入れても400円!?
『夜うどん』としてはめちゃくちゃ安いですよね。ほんと心配になりますな。



で、夜なら麺の太さは選べるんですかね?極太麺党としては、せっかくなので太麺で味わいたい。

猫ちゃん

お久しぶりです(^_^)/
違う粉で打った麺が何種類もあるなんて、凄すぎるよね。うどん粉エンターテインメント!

カフェさん

すごいお店が出来たものです(≧∀≦)

えーと、ボーッとしてたので、夜の価格設定をチェックしてくるのを忘れました(^_^;) こんど夜に行って確かめて来ます。

「讃岐うどん遍路」を見たら、丁寧に包丁切りをされてたので、お店の状況次第では好みを伝えれば対応してくださるかもしれませんね。

よし。極太麺頼んでみよう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本名で検索

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。

ブログ内検索
四国探訪ガイド
FC2ブログランキング
応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。